下町めぐり / 回向院の力塚

日本人横綱の誕生が待ち望まれます。

墨田区両国「回向院」境内の「力塚」です。「回向院」は江戸時代の大火・大地震で亡くなった無縁仏を葬るために建てられたお寺で、国技館が建設されるまでこの境内で相撲が興行されていました。この「力塚」は相撲協会が力士や年寄の霊を祀るために建立しました。

最近は外国人力士が番付の上位を占めています。九州場所の真っ最中、日本人横綱の誕生が望まれますね。

PCメイプルさん、早速コメントありがとうございます。

そうですよね、日馬富士は日本人と言われてもおかしくないですね。

それと、しこ名何て読むのかわからないお相撲さん多いですね。今場所の番付、臥牙丸、若荒雄、豪風、碧山すぐ読めますか?

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    PCメイプル (金曜日, 16 11月 2012 14:44)

    そうですね、日本でいま最も国際化が進んでいるスポーツが国技の相撲というのも皮肉な感じがします。ところで外国人(正確には元かも)力士の日本語が流暢なのにはいつも驚かされますが、習うより慣れろ! で体で覚えていくのでしょうね、きっと。

営業のご案内

(営業時間 10:00~20:00)

  

12月13日(木)は

 通常通り営業いたします

 

 次回の休業日 

 12月17日(月)

    31日(月)

   1月  1日(火・祝)

    2日(水)

    3日(木)

    13日(日)

    21日(月)

    27日(日)

 

なお、営業日・営業時間を変更する場合がございます。ご遠方よりご来店予定のお客様は予め電話にてご確認下さい。

 

TEL 03-3311-8061