東京のエンパイアステートビル

まったくパクリとしか思えません、NTTドコモ代々木ビル!!

キングコングが東京へ連れてこられて逃げ出したら、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、東京都庁ではなくこのビルに、日本のジェシカ・ラング、小雪さん,いや松下奈緒さんを抱えて登りたがるでしょう。

PCメイプルさん、コメントありがとうございます。

そうなんです、私、大の映画ファンなんです。映画館に行くことはなくなりましたが、高校2年の時、一年間で試写会も含めて200本近く見ました。私の生涯第一位は、洋画は迷うことなく「シェルブールの雨傘」、邦画はいろいろあって迷うんですが、今日のところは黒沢明監督の「赤ひげ」にしておきます。

ムギちゃんさん、コメントありがとうございます。

NTTドコモビルの話が映画の話題に移ってしまいましたが、私としてはかえってうれしい限りです。PCメイプルさん、ありがとうございます。

ところで「シェルブールの雨傘」は1964年公開の映画ですが、撮影当時カトリーヌ・ドヌーブは19~20才でした。呆れてしまうほどの美しさですね。

PCメイプルさん、コメントありがとうございます。

私に「シェルブールの雨傘」を語らせたら大変なことになります。

オープニングの雨傘が開く場面から、エンディングのガソリンスタンドの場面まで、ジャック・ドミーの演出、ミッシェル・ルグランの音楽、ヨーロッパ映画の最高峰だと思っています。

ちなみにアメリカ映画で一番好きなのは「フィールド・オブ・ドリームス」です。

マキコ・Kさん、コメントありがとうございます。

 「8人の女たち」という映画はまったく知りません。「しあわせの雨傘」は「シェルブールの雨傘」の間違えか、パロディじゃないですかね?

でも、マキコ・Kさんありがとう。

マキコ・Kさん、大変失礼しました。

レンタルビデオで探して見てみたいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    PCメイプル (水曜日, 23 5月 2012 16:45)

    鉄道だけではなく、映画にも範囲を広げますか!?

  • #2

    ムギちゃん (水曜日, 23 5月 2012 17:44)

      「シェルプールの雨傘」と言えば、
     カトリーヌ・ドヌーブ、ほんとに綺麗
     でしたね。最近はかなり貫禄がついて
     昔とはだいぶイメージが変わり、ファン
     としては、がっかりではないのでしょうか?

  • #3

    PCメイプル (水曜日, 23 5月 2012 23:02)

    「シェルブールの雨傘」映画は見たことがあると思うのですが、
    内容はあまり覚えていません。でも哀愁ただよう曲は耳に残って
    います。フランス映画ですよね

  • #4

    マキコ・K (水曜日, 23 5月 2012 23:08)

    カトリーヌ・ドヌーブといえば、「8人の女たち」と「しあわせの雨傘」という映画をみました!

  • #5

    マキコ・K (木曜日, 24 5月 2012 06:58)

    私はシェルブールの雨傘という映画は知りませんでしたが、しあわせの雨傘もちゃんとした映画でした。個人的には8人の女たちの方が好きですけどね!

営業のご案内

(営業時間 10:00~20:00)

  

11月20日(火)は

   通常通り営業いたします

   

次回の休業日 

 11月23日(金・祝)

    26日(月)

 

なお、営業日・営業時間を変更する場合がございます。ご遠方よりご来店予定のお客様は予め電話にてご確認下さい。

 

TEL 03-3311-8061